JELFA Topページへ
お問い合わせ
JELFA入会申込
English

イベント

出展報告/ スーパーマーケット・トレードショー 2014

スーパーマーケット・トレードショー 2014 2014年2月12日(水)~14日(金)
会場:東京ビッグサイト

2013年7月より、農林水産省の日持ち保証販売実証事業を実施してきましたが、2013年より大手スーパーマーケット数社でも、切り花の日持ち保証販売が始まり、注目度が高まってきています。JELFAでは、日持ち保証販売事業の中で、イギリスのスーパーTESCO の日持ち保証販売導入について調査を行いました。今回の展示会では、日持ち保証販売実施に向け、その仕組みと方法のご紹介を目的とし、日持ち保証販売が業界全体で広がるよう、スーパーのバイヤーにご説明する機会を設けました。

 

 

ブースでは、農林水産省事業で使用した店舗販売用什器を使用し、花束のスリーブも事業で実施したものと同様、切り花栄養剤と日持ち保証ロゴを添付しました。花束は3段階のランクを付け、500円~3000円(仮価格)を想定した花束を展示しました。

 

日持ち保証販売実証事業では、お客様アンケートを実施し、お客様の切り花に対する動向を把握に努めましたが、その中間結果を報告しました。

 

日持ち保証販売事業の産地日持ち試験では、「切り花栄養剤」を各段階が適切に使用することが重要であることが改めて判明しました。その結果をタペストリーでご紹介し、またこの事業に協賛いただきました切り花栄養剤メーカー11社からのサンプルとパンフレットを展示し、その必要性を紹介しました。加えて、栄養剤の総称を「切り花栄養剤」と統一したことをご紹介しています。

 

一般消費者向けに作成した「切り花の取扱い方法 ~切り花をより美しく長く楽しむために~」を動画にて公開しました。販売店が自由にダウンロードをしてご使用できるよう、HP上に公開中です。(ダウンロードはこちらのブルーの部分をクリックください。)>>

日持ち保証販売の仕組みと、スーパーマーケットが日持ち保証販売をするために必要なこと・方法を説明するため、パンフレットを作成しました。
(ダウンロードはこちらをクリックください。「量販店・スーパー向け紹介」を選択するとPDFが開きます。そちらから保存ください。)
切り花の日持ち保証販売を実施するには、消費者に渡るまでの「生産~販売」において、それぞれの段階で実施が必須な事項があります。その必須事項をクリアーできるよう、バイヤーから生産・市場・ブーケメーカー・販売に対して働きかけを行っていただき、一つ一つ着実に実施していただく必要があることを盛り込みました。業界全体で取り組むべき課題でもあります。
生鮮ゾーンでの出展であったため食品関係のブースが大多数の中でしたが、「切り花売り場を何とかしたい」「切り花の鮮度を上げたい」とおっしゃる関係者約25社と情報交換をしました。多くは地方のスーパー関係者で、日持ち保証販売の関心が全国的に広まりつつあるのを実感しました。今後継続して、関連情報を提供していく予定です。

 

▲イベントINDEX