JELFA Topページへ
お問い合わせ
JELFA入会申込
English

JELFA規格

JELFAフォーラム2010

アメリカ花き業界の今 アメリカ花き流通の変化 徹底したコールドチェーンと鮮度・品質管理を学ぶ

7月21日(水)JELFAフォーラム2010を開催いたしました。
今回は、アメリカから鮮度保持剤メーカーのフローラライフ社副社長のジム・デイリー氏をお招きし、アメリカ花き業界の動向・この10年の変化と今後の展開についてをコールドチェーン、品質管理の視点から講演をいただきました。

 

今年もホテルコムズ大田市場で開催し、当日は生産者、市場、仲卸、買参人、運送業者、資材業者等、約80名の方々にご参加いただきました。

 

● プログラム

 

開催日:2010年7月21日(水)

14:30 開会  
  会長あいさつ  JELFA会長 谷口 勇
  来賓あいさつ 農林水産省 花き対策振興室 室長 佐分利応貴 氏
14:40
 ~16:40

講演

「アメリカ花き流通の変化 −徹底したコールドチェーンと鮮度・
品質管理を学ぶ」Floralife社 副社長 Jim Daly 氏    

16:50
 ~17:30
質疑応答  
17:30
 ~18:00

JELFA報告 

「アメリカ流通調査報告」 JELFA事務局

18:00 閉会あいさつ JELFA常務理事 青山松夫
  懇親会   

                     

● 講師紹介

Jim Daly 氏(ジム デイリー)

ジム デイリー氏顔写真
 

〈学歴・経歴

イリノイ工科大学で生物化学の修士号を取得。
ニューヨーク工科大学で経営学修士号を取得。
鮮度保持の分野で20年以上のキャリアがあり、その調査研究、製造工程、生産者から消費者に渡るまでの商品のケアについて、多大なる貢献をしている。 
ソサイエティ・オブ・アメリカンフローリスト発行の「花と植物のケアマニュアル」や「フローラライフ・ケア&ハンドリングマニュアル」を共同執筆。

花卉業界で鮮度保持用商品の世界的トップメーカーであるフローラライフ社の副社長(グローバル運営と研究分野を担当)。また、スミザーズオアシスカンパニーの副社長も兼務している。

〈フローラライフ社
1983年にイリノイ州シカゴで初めて製品紹介された。その後、フローラライフ(R)、イージードーズ(R)など市場展開。2007年1月にスミザーズオアシス社と合併し、より高いブランド力で世界市場へ販路を拡大させている。

フローラライフ社説明スライド

 

 

〜講演よりピックアップ〜

 

1.花き産業について

1980年代の流通・販売チャンネルは卸売業者であった。
1990年、大型店舗・ホームセンターでの販売が急激に伸び、2000年代になり、より大型店・ホームセンターの販売がひろがった。そして、アメリカでは新しい流通形態として、インターネットによる販売が始まった。
2010年現在、アメリカでは約15%がインターネットによる販売となっており、卸売業者が減少傾向にある。今後2020年にはよりインターネット販売が伸び、卸売業者による販売が減少するだろうと予想している。大きく流通が変化してきている。

 

説明スライド
 
説明スライド
 

説明スライド

 

 

2.アメリカ市場

アメリカの流通は、約85%が南米産地からの流通となる(図右側の流通)。南米からの荷物はカーゴ会社によりマイアミまで空輸される。その後、大半は卸売業者にわたり、トラック輸送によりアメリカ全土へ流通される。

 

説明スライド

 

 

3.輸送中の温度管理と品質について

南米からアメリカへの輸送
農場では18℃とまだ高いが、採花後の出荷準備、空港への輸送では2℃まで温度を下げる。航空機による輸送中は温度が上がってしまうが、マイアミ到着後、プレクーリングを施し冷却する。アメリカ全土への輸送は飛行機が早い地域もあるが、飛行機による輸送は低温管理が出来ないため、アメリカ国内輸送は温度管理が出来るトラック輸送となっている。

 

説明スライド
 
飛行機の写真
 

説明スライド

 

 

4.卸売業者・小売業者での管理

品質管理について、卸売業者や小売店でも低温の必要性、また水温も低く保たれていることが重要であること、店舗ディスプレイについてなどグラフを取り入れ細かく講演いただきました。

 
説明スライド
 
説明スライド
 

説明スライド

 

 

最後に

ヨーロッパやアメリカの花き流通状況だけでなく、日本の花き流通チャンネルの変化を捉え対応すべきである。
日本の消費を伸ばすためにも、様々なニーズに応えるような流通チャンネルを構築した方がよい。
流通チャンネルを構築すると同時に品質維持をするために、徹底した温度管理がとても重要。
と、お話されました。講演後の質疑応答も活発に行われた講演となりました。

 

 

 

▲セミナー・フォーラムINDEX